読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My College Life in Vancouver :異国でも自分らしくいられる条件

現在UBC学部3年の正規学生です。より多くの方々にカナダの大学進学に関心を持っていただけるように精一杯書かせていただきます!

May Rest in Peace

みんさん、こんにちは。

もう9月もあっという間に終わってしまい、時の流れの速さを感じます。バンクーバーはもうすっかり秋模様で、夜にが9度くらい冷え込むこともあります(バンクーバーの気温は冷え込み始める時期は早いですが、その後急激に変わることはあまりないです。11月から2月までは寒くても5度くらいといった感じです。)9月中に僕のUBCでの新学期、新生活の様子のブログをポストしたかったのですが、課題やら何やら忙しくてできませんでした。ごめんなさい。(近々すぐにポストしたいと思います。)

 

今回は近況のアップデートの前に1つ大変残念で悲しいニュースを皆さまとシェアしなければなりません。既に多くの報道で報じられていますように、日本人の古川夏好さんが亡くなられてしまいました。恐らく逮捕された容疑者に殺害されたと思いますが、同じ日本人として古川さんに対して心からお悔やみを申し上げるとともに、容疑者に対して強い憤りを覚える次第です。日本人として,しかも今自分が住んでいる街で邦人が亡くなってしまったことは大変悲しいです。

headlines.yahoo.co.jp

 

古川さんに関する記事を拝見しますと、性格も明るく真面目で勉強熱心な様子が伺え、また容疑者との接点も英語学習サイトのイベントで知り合ったことから、本当に吉川さんが可哀想であり、あまりにも酷い結末になってしまい非常に心苦しいです。

 

ヤフコメなどを見ますと「どうして、知らない怪しい人と2人で会ったの?」というような趣旨のコメントを多く見かけましたが、真実を知ることなくそのようなコメントに行き着いて良いのか?と疑問に思います。まだ真実が公にされていない状況なので詳細や事件に関する私の私見は割愛致しますが、いずれにしても英語学習者の身である邦人の身を利用した白人男性の酷い犯罪であることは確かです。

 

留学生にとって語学学習は留学の最大のテーマです。そしてせっかく現地にいるのだからネイティヴの人に英語を教えてもらいたいと思うのも英語を上達したい身からすれば、当然の成り行きです。ですから留学を少しでも経験された方は吉川さんの置かれていた状況や成り行きは理解できるものでもあるはずです。別の言い方をすれば僕を始め留学生の全ての方に起こりえた、あるいは起こりうる状況でもあると思うのです。

 

ですから、この問題は単に知らない人について行ったから巻き込まれたという話ではなく、語学を学習している身分だからこそ起きてしまった本当に残念で悲しい事件なのです。

 

こういった事件やトラブルは残念ながら古川さんのように留学の初期段階で一生懸命語学を習得しようとする方々に起こるものであると思います。そういう方達にとっては英語を話せる人(ネイティヴの人)=自分が頼れる人 という構図が自然と頭の中にできてしまうのかもしれません。僕自身も留学初期時代はネイティヴの人全てに対して割とポジティブな印象を持っていました(ろくにその人の性格を考えずに)。

 

日本にいたり1歩離れた状況から見ると、その状況はおかしいものであるかもしれませんが、語学学習中の当事者からすれば英語を話せる人が多少怪しくても、その人が自分の学びたい語学をペラペラであるということに意識がいってしまうものです。僕もその1人でした。

 

ですから今回の事件は吉川さんが怪しい人と関わってしまったから巻き込まれたというような見解は違うと思いますし、彼女に非は全くないと思います。

 

もちろんカナダ人を始め、カナダに在住の多くの方は優しく、このような事件を起こす人はほとんどいないということも、誤解を招かないように付け加えます。

 

では留学生がこのような状況から身を守るためにどうすれば良いのか?これに関して絶対的な方法はありませんが、まず1つは1人だけで行動したり、あまり会ったことのない人と1対1で会うことは避けるべきかと思います。また、現地にも日本人の頼れる友人や在住歴の長い方の連絡先はあった方が絶対に良いです。語学学習中には日本人とあまり関わりたくないとの気持ちも分かりますが、緊急時に頼れるのは言葉がすぐに通じる日本人であるケースも多いです。そして何か困ったら状況になったらすぐに学校、ホームステイ、頼れる日本人の誰かには必ず相談をするべきです。そういう状況では独断で行動するのは危険です。これ以外にもまだあるかと思いますが、僕が思いつく限りではこんな感じです。とにかく1人にならない!というのが大事かと思います。

 

最後に。このニュースをきっかけにバンクーバーの治安は大丈夫?という点に質問が及ぶと思いますが、今回のニュースでバンクーバーの治安が劇的に低下したのか?と言われればそれは違います。今回の事件は極めて残念ですが、こう言った事件はバンクーバーに限らす世界の留学先のどこでも、ましては日本でも起こりうるものです。ですから先進国同士であるならば事件に巻き込まれるリスクも同じであると思います。

 

当然バンクーバーにも絶対入らない方が良いエリア(Chinatown の中やEast Hastings,Surrey 市近郊)もあったり、ダウンタウンでは人種を問わず怪しい人も多くいるので、警戒は必要です。しかしそれらの警戒レベルは事件前も後も同じレベルです。また、バンクーバーには日本人も多く在住しているので、いざという時に海外の中では比較的頼りやすい環境にあると思います。

 

長くなってしまいましが、僕もこの事件を通して色々と考えさせられました。そして何よりも亡くなられた古川さん、そのご遺族の方々に対して改めてお悔やみを申し上げると共に一刻も早く事件の真相が解明されることを願っています。